高齢者

飲むコラーゲンってどんなもの?

美容成分としてお馴染みのコラーゲンは、お肌の真皮などに存在しているもので、お肌のハリや弾力、潤いを保ってくれる重要な働きのあるものです。
しかしこのお肌内部にあるコラーゲンは、年齢を重ねることで生成されにくくなったり、紫外線や乾燥といった外部からの刺激によって減少してしまいます。
美肌を維持するために欠かせないコラーゲンは、化粧品などにも配合されていて、美肌を目指す女性にとても人気がありますね。

またコラーゲンは、手軽に飲めるタイプの商品もあります。
この栄養素が配合された美容飲料は、美肌のためだけではなくて、関節などの痛みにも効果があるとされています。
この栄養素はそもそも繊維状になったたんぱく質で、骨や皮膚などを構成するもので、カラダを構成するためのとても重要な成分です。

カラダの中にあるたんぱく質の3分の1がコラーゲンです。
いつも同じように見える皮膚ですが、皮膚を構成しているこの栄養素などは、常に分解と再生を繰り返しているもので、ドリンクや化粧品からコラーゲンを補うことでハリ、弾力、瑞々しい肌を保つことができるのです。
魚の煮こごりなどのゼラチンは、魚などに含まれているこの栄養素が水とともに長時間加熱されたことで出来るものです。

飲むコラーゲンタイプのサプリメントなどは、このゼラチンがカラダに吸収されやすいように加工されたものです。
飲むタイプの物もたくさん種類がありますので、どれが良いのか悩んでしまう方も多いことでしょう。
飲むタイプの物の選びの際に基準となるのが、材料です。
動物性なのか、海洋性なのかをチェックして下さい。

動物性は、豚や鶏などが原料となっています。
牛を原料としたものは、狂牛病問題で、規制されるようになっています。
しかし豚や鶏が原料であっても、飼育する過程で薬などが使用されていることもあるので、薬剤が残留していないか、などの確認が大切です。
継続して飲みたいものですから、味やニオイも選ぶときには大切な基準となります。
動物性のコラーゲンは味やニオイが気になるものが多く、海洋性のもは味、ニオイとも気にならないものが多いようです。

このページの先頭へ