高齢者

化粧品にもコラーゲンは含まれている?

美容に欠かすことの出来ないコラーゲンは、女性であれば誰もが知っている成分ですね。
コラーゲンとはたんぱく質から出来ている成分で、カラダを構成しているたんぱく質の実に3割がコラーゲンで占められています。
この栄養素は、お肌や髪の毛、内臓や骨にいたるまで、人間のカラダのいたるところに存在している成分です。

コラーゲンが最も多くあるのは皮膚で、カラダに存在しているこの栄養素の4割もを占めています。
皮膚表面にはいくつかの層があって、コラーゲンは真皮という部分で網目状のネットワークを形成していて、お肌の柔らかさや弾力、さらに保湿性を保つための重要な役割を担っています。
人間のカラダに元々存在してるこの栄養素ですが、化粧品にもこの栄養素が含まれているのは皆さんも良くご存知かと思います。

カラダに存在しているこの栄養素は、紫外線や乾燥などの外部からの刺激によるダメージによって減少していきます。
また年齢を重ねることで、コラーゲンの生成量は減少していきます。
この栄養素が少なくなることで、お肌は当然のことながら、潤いや弾力を失っていくことになります。

そのような状態が続くことで、シワやたるみ肌、乾燥肌になってしまうのです。
さらには、肌が生まれ変わっていく肌サイクルも乱れてくるので、シミが出来てしまったり、くすみ肌の原因にもなってしまうのです。
そんな肌を改善するために、コラーゲン入りの化粧品が効果を発揮してくれます。

しかしコラーゲンをお肌に塗ったとしても、そのままコラーゲンが吸収されて、お肌の真皮にまで届けられるわけではないのです。
この栄養素の化粧品がお肌に良いのは、コラーゲンがお肌との親和性と保水効果が優れているからです。
この栄養素による保水効果で、乾燥肌が防止でき、さまざまな肌トラブルを防止出来ます。

さらにバリア機能も高まるので、外部刺激にも負けない健やかな肌になれるのです。
このように美肌のために優れた作用があることから、さまざまな化粧品に配合されているのです。


このページの先頭へ