高齢者

コラーゲンとヒアルロン酸

化粧品やサプリメントでお馴染みのコラーゲンとヒアルロン酸。
女性であれば、誰もが良く知っているコラーゲンとヒアルロン酸は、どちらも美しい肌を作るための美容成分ですね。
お肌の潤いやハリ、弾力をアップさせるための成分であることくらいは皆さんだいたい知っているかと思うのですが、この2つの成分の違いを詳しく知っている方はとても少ないのではないでしょうか。

コラーゲンとヒアルロン酸は、なんとなく似たようなイメージがあるので、もしかしたら、混同している方もいらっしゃるかもしれませんが、この2つの成分は全く違うものです。
コラーゲンは、たんぱく質の一種で、人のカラダを構成しているたんぱく質の実に30%を占めています。
お肌はもちろんですが、髪や内臓、骨などのカラダのいたる場所に存在しているコラーゲン。

皮膚の表面にはいくつかの層があって、真皮という層に網目状のネットワークを形成しているのがコラーゲンで、お肌の柔軟性や保湿性、弾力性などを保つ働きのあるものです。
また、関節のクッション部分にも存在するので、スムーズな関節の働きには不可欠なものでもあります。
年齢とともに体内で生成されるコラーゲン量が減少するために、肌に潤いがなくなり、たるみやシワの原因になったり、関節の働きが悪くなったりするのです。

一方のヒアルロン酸は、ムコ多糖類と呼ばれる物質の一種で、こちらもコラーゲンと同様にカラダのいたるところに存在しているものです。
保水力が非常に高いことでも知られているのがヒアルロン酸で、わずか1グラムで6リットルもの水を保持できます。
保水力の高いヒアルロン酸は、関節部分の関節液、そして肌の真皮層にたくさん含まれていて、不足することで、関節の痛みや、潤いのない肌になります。
ヒアルロン酸もコラーゲンと同様に年齢と共に減少していくもので、肌やカラダへの作用も非常に似ているのですが、コラーゲンがたんぱく質なのに対して、ヒアルロン酸は糖分であるという違いがあります。

このページの先頭へ