高齢者

高齢者に勧めたい、コラーゲンは元気の秘訣!

コラーゲンと言えば、美容成分として有名ですから、若い女性を中心とした人たちが主に用いるものだというイメージがあるかもしれませんが、このコラーゲンは、高齢者の方々にもぜひとも勧めたい、元気の素になるものなのです。
もともと人のカラダの中の至る所に存在しているコラーゲンは、皮膚や骨、内臓や血管などにあるものです。
コラーゲンはカラダの骨格や筋肉などが作らえる成長期には、どんどんその量が増えていき、コラーゲンの量が最も多くなるピークは20歳ごろであるとされています。

しかしこのコラーゲンの代謝サイクルも、年齢と重ねるごとに徐々に減少していきます。
それにともなって、カラダの中から支えるチカラが衰えてしまうのです。
これが肌のシワやたつみ、乾燥肌などにつながるのですが、肌以外にもさまざまなトラブルが起こるようになってきます。

老化に関するものとして酸化が有名ですが、糖化も老化と大きく関わりのあるものです。
酸化は、いわゆるカラダのサビのことで、呼吸で体内に取り入れた酸素の中で、使用されなかった酸素が活性酸素になり、カラダの中の細胞などにダメージを及ぼすことです。
これが老化現象として現れるのです。

糖化は、糖尿病研究によって知られるようになったもので、普段食べている食事から摂取している糖の一部が体内のたんぱく質のなかのアミノ酸と反応して、終末糖化産物とも言われる老化物質が増えることを指しています。
この終末糖化産物が付いたたんぱく質は、元々の機能を果たせなくなるのです。
代謝もされにくくなるのですが、コラーゲンもたんぱく質の一種ですから、この糖化によってサビてしまい、機能が衰えてしまうのです。

糖化したコラーゲンはその働きが衰え、代謝されなくなり、これが老化の原因となるのですね。
この酸化と糖化はいろいろな老化現象として現れることになります。
外見でいえば、お肌や毛髪のトラブルに、内臓であれあb高血圧や高脂血症などのメタボに関係する症状として現れる事になります。

また運動器では、骨や関節のトラブルになり、筋肉の低下にもつながるのです。
この老化をストップするのに役立つのがサプリメントなどでコラーゲンペプチドを摂取することです。

このページの先頭へ